読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなよん-みなとそふと4ever-

美少女ゲームメーカーみなとそふとのファンブログ。「まじこい」中心。

小笠原千花のイメージソング「リンゴ」

キャラクター

 そんなわけで。今日も2-S女子の小雪がカウントダウンボイスを担当した。

小雪「『真剣で私に恋しなさい!』、発売日まであと19日なんだってねー。楽しみ楽しみ」

                                                                                                  • -

真剣で私に恋しなさい!!
http://www.minatosoft.com/majikoi/voice/19d_koyuki.mp3

 ワン子と京に続く個人的なイメージソングシリーズ第4回は、残りのメインヒロイン達を差し置いて千花の曲にした。曲名は「リンゴ」で、吉田拓郎の作品だ。作詞は拓郎ではなく岡本おさみなんだけど、この詩が堪らなく好きなんだよねー

ひとつのリンゴを君がふたつに切る
ぼくの方が少し大きく切ってある
そして二人で仲良くかじる
こんなことはなかった少し前までは
薄汚れた喫茶店のバネの壊れた椅子で
長い話に相槌うって
そしていつも右と左に別れて

 千花ってスグルには「スイーツ」とか言われてるけど基本的に良い娘だから、大和と恋仲になったら絶対微笑ましいカップルになると思う。千花と「リンゴ」を結びつけたのは、この詩から連想したカップル像が、大和と千花の二人にぴたっと合っていたからだ。
 逆に、どうもメインヒロイン達だとしっくりこなかった。メインとなると、どうしても派手なイメージになっちゃうからね。ここで描かれているのは、どちらかというとサブヒロイン的な、小さな物語だと感じた。そこにある幸福は、別に大恋愛や大冒険に付随するものではなく、日常に依って立つものだ。千花のショートシナリオも、そういう自然な愛情に溢れた感じだといいなあ。
 吉田拓郎が弾くギターの音自体もすごくかっこいいので、この曲はおすすめだねー 自分はアルバム「ひきがたり」で聴いた。

余談

 あと、『みなとそふとセット'09 summer』通販申込が明日8月10の午前9:00までとなっているから、まだ申し込んでない人は注意だね。

テスト