読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなよん-みなとそふと4ever-

美少女ゲームメーカーみなとそふとのファンブログ。「まじこい」中心。

ヒャッハー! 更新再開だ−!

そんなわけで。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
こちらのブログではこれが最初の更新になる。年始の挨拶はメインブログで済ませているので、早速本ブログ「まじこい4ever」の更新について告知しておこう。
このブログでは、久しく新しいエントリを書いていなかった。もちろん、2010年最後の記事をアップした4月以降もみなとそふとは毎週更新を続けていた。しかし、発信される情報には「まじこい」関連のものがなかったり、あってもメディアミックス作品についてのものであった。関連商品も網羅してこそのファンブログだとは言えるけれども、運営者である僕の関心が「まじこい」のコミックや文庫にはなかった、というのが率直なところだ。「まじこい」ドラマCDも未購入で、これは後々入手したいと思う。このような事情から、みなとそふとの軌跡をこのブログ上で追うことはしんどくなっていた。
その分、2010年はみなとそふと以外の美少女ゲームに広く手を伸ばし、少しはゲーマーとしての見識を深めることができた。また、Twitterニコニコ生放送を通して多くの美少女ゲーマー達と交流することができた。中には、このブログを見て声を掛けてくれた「まじこい」ファンの方もいた。素晴らしい方々と出会うきっかけとなったことからも、このブログを書いてきて本当に良かったと思う。
また、メインブログで告知したように、C79で頒布された「恋愛ゲームシナリオライタ論集2 +10人10説」という同人誌にタカヒロ論を寄稿したことも昨年の大きな出来事だった。僕が提出したタカヒロ論が「批評」や「評論」と呼ぶにふさわしいかは分からないけれど、シナリオライタータカヒロの達成と彼が生み出した作品の魅力が少しでも世に広まることを望んでいる。時期的にも、来るべき次作に備えて「姉、ちゃんとしようよっ!」から「真剣で私に恋しなさい!」に至るタカヒロ作品の流れを振り返るには良いタイミングだったと実感している。
さて、今年2011年は「真剣で私に恋しなさい!S」の発売に向けてWeb界隈を盛り上げていくため、本ブログの更新を再開しようと思う。具体的な内容としては、発売日まで毎週みなとそふとの更新をチェックして「まじこいS」関連の情報を抽出し、一言コメントするという通常の更新スタイルを考えている。また、bbspinkTwitterといったWeb上の反応も適宜まとめていきたい。開設から「まじこい」の発売日まで毎日更新していた2009年には及ぶべくもないが、現在の自分を取り巻く状況を鑑みるとこれくらいのことしかできそうにない。普段からグッズを購入したりイベントに参加したりすることが少ない分、せめてWeb上における「まじこいS」の盛り上げには一役買いたいものだ。
本ブログを以前から読んでいる方も新たに読み始めた方も、「まじこいS」が発売するその日まで、改めてよろしくお願いしたい。

真剣で私に恋しなさい! ドラマCD Vol.1真剣で私に恋しなさい! ドラマCD Vol.1

みなとそふと 2010-04-02
売り上げランキング : 108

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

真剣で私に恋しなさい!  初回版真剣で私に恋しなさい! 初回版

みなとそふと 2009-08-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テスト