読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなよん-みなとそふと4ever-

美少女ゲームメーカーみなとそふとのファンブログ。「まじこい」中心。

コンプティーク2011年5月号の「まじこいS」関連情報

ネタ

そんなわけで。コンプティーク5月号に載っていた「まじこいS」関連情報は以下のとおり。今回はなんといっても一子の一枚絵が公開されていたのが(個人的)見所だった。

944 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 19:05:05.75 ID:IdfGbkXS0
コンプ新情報
・真剣に勉強するワンコCG
・義経の戦闘服全体図ラフ画
・義経の顔グラ「参った…」「思考」「得意げ」
・弁慶の顔グラ「酔った…」「たはー」「ムッ!」
・清楚の顔グラ「ぶ〜」「困った…」「おどろき!」
・義経は学年は違うがまゆっちとの交流が生まれる
・義経は「つよきす」での素奈緒みたく後だしの正統派武士娘なのでご期待を
・大和は与一を通じて義経と弁慶との交流が生まれる
・3人はトリオで良い感じが出てる
・3人の基本の流れは義経が与一を更生させようとし与一に反抗され弁慶が与一をシメる
 
945 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 19:30:35.14 ID:tmhhJkf5O
>>944
情報? クローントリオの関係いいなぁ
 
946 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 19:33:05.90 ID:MheUycve0
> 義経は「つよきす」での素奈緒みたく後だしの正統派武士娘なのでご期待を
これセレブの間違い?つよきすのページみたけど、演劇部の部長になってるけど
 
947 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 19:34:12.18 ID:aRFxcqOY0
>>946
お前の読解力の無さには失望させられた
 
948 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 19:34:57.33 ID:ZDA8u2he0
意味がちょっと違うな作品のテーマにあったヒロインってことだ
つよきすではそれが素奈緒
 
949 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 19:36:17.21 ID:DkQiTdvP0
つよきすにおけるツンデレとしての素奈緒のように
マジ恋の武士娘として、武士娘然としたのが義経ってことだろう
つよきすでもマジ恋でもツンデレ・武士娘じゃねーじゃんってヒロインが多かったからな
 
950 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 19:37:58.68 ID:IdfGbkXS0
>>946
つよきす」で素奈緒を後だししたように義経も正統派武士娘です。
黒髪ポニテ太刀という王道のルックスです。もともと義経には中性的なイメージがあるので
その辺を踏まえました。「性別は気にするな」と義経本人も言っているので気にしちゃいけないんだと思います。
性格的にはすごい優等生です。真面目すぎて苦労するぐらいでクローンですが義経がどんなに偉いか
自分でも理解しているんです。ですから自分でも義経らしくあろうとしています。
オリジナルとは違うとはいえ英雄のクローンですから強さは別格です。
 
原文まま。セレブってだれですか?わかりません。
 
953 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 19:48:50.98 ID:IdfGbkXS0
いつもだるそうにしていますが、義経の面倒はちゃんと見てあげています。
主従が逆になっているような感じですね。仲間の与一は厨二秒で他人の言う事を聞かない子になっちゃっているので
義経を困らせては弁慶に処刑されています。主人公の大和は与一を通じて義経や弁慶と交流が生まれる感じです。
まぁ、この3人はトリオで良い味を出してますね。
 
ほい
 
954 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 19:53:01.30 ID:IdfGbkXS0
義経:与一=たしなめる 弁慶=面倒を見てもらう
弁慶:義経=面倒をみる 与一=シメる
与一:弁慶=シメられる 義経=反抗する
 
見事な三すくみ
 
964 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 20:23:54.80 ID:6GNkgApa0
なんとなく、クローン勢には冬馬ハゲ小雪と同じ臭いを感じる
つまり、彼らの中で基本的に自己完結している

真剣で私に恋しなさい!!(みなとそふと)part236

素奈緒がツンデレとしていいキャラだっただけに、義経も武士娘キャラとして期待が高まってくる。
一子が勉強してる時の顔が本当に真剣で見惚れる。

コンプティーク 2011年 05月号 [雑誌]コンプティーク 2011年 05月号 [雑誌]

角川書店 2011-04-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テスト