読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなよん-みなとそふと4ever-

美少女ゲームメーカーみなとそふとのファンブログ。「まじこい」中心。

BugBug2013年7月号「みなとそふとFestival in SUMMER」

更新情報

そんなわけで。6月3日発売のBugBug2013年7月号には、特集記事として「みなとそふとFestival in SUMMER」が掲載されている。

辻堂さんのバージンロード

冒頭、みこしまつり氏描き下ろしの見開き。ウェディングドレスキャストオフで清純エロスな愛さん、正視できないくらい綺麗だー。
「辻堂さんのバージンロード」内容紹介は、前作ヒロインアフタールート紹介が2P、昇格ヒロインルート紹介が2P。
愛・恋奈・マキの3人のHCGはWebサイトで公開済み。梓は2枚の公式サイト未公開CGがあり、一枚は大の胸で泣いているもの、もう一枚は四つん這いになって猫耳と尻尾を装着した凶悪なもの。この尻尾はまさか、お尻に入れて固定するタイプの……!?
梓のシナリオは今作最大ボリュームで、3部構成になっていて特に後半盛り上がるようだ。Hシーンはいろんな性的嗜好の人に対応しているみたい。
よい子は4枚のイラストを伴って紹介されており、膝枕、キス、69、正常位と全て公式サイト未公開。潤んだよい子さんの瞳がクるなあ。

真剣で私に恋しなさい!A-2

ここでは、「まじこいA」シリーズのおさらいとタカヒロ氏執筆のヒロイン座談会に1P、各ヒロイン紹介にもそれぞれ1Pが組まれている。

ヒロインが語るA-2見所座談会

清楚ルートでは覇王が川神学園の腕自慢、百代や四天王級とはほとんど戦うとのことで、だいぶ賑やかになりそう。
紋白アフターはなごやかに進み、おすすめは冬の季節。謎の美女・新しい私服など新要素もあるようで、秋には各キャラのいろいろな一面が見られるとのこと。
アイエスルートは千葉繁氏・小山力也氏・森巧至氏等の追加声優諸氏はここに投入されたということで、こちらも随分な賑やかさになる模様。それにしてもアイエスちゃんおちょくると楽しそうだね。ロボットのルートに入ったはずが、いつの間にか自分の方が「アイエスちゃん可愛いなあ」と言うだけのロボットになっていた、くらいの萌えを一つ頼みますよ。選択肢の累積で最後の部分が分岐するらしいから、それなりに心してかかろう。
他には、A-2の追加背景が10数種類あることが話にあがっている。デート場所が動物園、ボーリング場、鍾乳洞、南の島など多岐にわたるため。

葉桜清楚

シナリオは、覚醒した覇王が軍師・范増を探して模擬戦に挑み……という流れらしい。清楚と覇王、どちらと仲良くなるかで結末も変わる。掲載CGは公式サイト公開済みのものが2点、あとパレオ付き水着の清楚さんが1枚。

九鬼紋白

ラブラブ新婚生活! 以上! 新規CG、紋様ちゃんがメイド服を! そしてお口で!? 添えた両手と視線がかわいらしい。

クッキー4IS

島津寮に溶け込んだアイエス、一方その頃川神史に残る事件が……というお話。照れ顔ダブルピースのアイエスちゃんかわいい。
両作品のピックアップはここまで。添えられていたむー氏の4コマもよかった。タカヒロ作品らしい同一声優ネタ、漫画だと伝わりづらいけどw

コラボ小説

タカヒロ氏描き下ろしコラボ小説。直江大和-直江咲meets辻堂愛-辻堂真琴。ヤンママたちの子供自慢合戦が始まる!? というもの。
京さん、この話では大和と同じ大学に進学しているのだが、直江邸から徒歩1分の場所に一人暮らしの部屋を取り「徒歩0分だと、なんだかストーカーみたいだから、自重しました」などと供述しているあたり全くぶれておらず安心感ある。
あと玉袋に釘を打ち込み……ってのは10年後しの「姉しよ」ネタなんすかね。
あ、挿し絵はアマクラさんでおっぱい重点でした。

ブランドインタビュー

質問に答えるのはタカヒロ氏。「まじこいA2」の開発は佳境に入り、紋白シナリオを170~180kbから200kb級に加筆していたところ。原画is地獄らしい。
A2の見所はアイエス(無印クッキー4)や清楚(覇王)といった二面性を持つヒロインがいるのが特徴だという。紋白も含めて、全ヒロインのルートで選択肢による最後の展開の変化が仕込んである。紋白ルートは専属執事を李とステイシーから選ぶため、二度おいしいと。
アクションが多いA2では、動きのある演出も継続して取り入れている。"まじこいシリーズをバトルモノでと勘違いする人もいますが、あくまでキャラゲーですから(笑)。でも、妥協はしたくないので色々とやってはいますけど。"と言うタカヒロ氏、本格バトルものの戦闘演出クオリティを求める客からいろいろ言われてきたんだろうな……やさぐれずにみなと色でしっかり仕上げてほしいところ。個人的にはあまりキャラゲーなんで~という言い方は好きくないんだけど、とりあえず措く。

葉桜清楚

清楚ルートではA1で登場した模擬戦(集団戦)が多く描かれる。動かしがいのある役者は十分にいるので、あとは彼らが6チームに分かれてどう戦うかが注目ポイント。
覇王:清楚が6:4くらいの登場割合らしく、彼女の成長とともにどちらかのエンディングに落ち着くが、片方が消えたりするわけではなくよろしくやっていく感じ。Hシーンはいつもの大和のノリを期待していいっぽい。

クッキー4IS

今回初登場のキャラなので、意図的に情報は伏せていくということらしい。無印クッキー4とも心の交流はあるようだ。

九鬼紋白

「ハートフルイチャイチャ」。これは楽しみですわ。

「まじこいA」シリーズについて

将来のことも考えて、ユーザーにDL販売形態を知っておいてほしかったとのことで、確かに功を奏したかとは思う。一度DMMアカウント作っちゃえば次から買う時はかなり楽だしね。
悪い意味で分割販売と言われることもあるが、クオリティには気をつけているので有意義なことをやっている意識がある、という言葉にも頷ける。
ただ、短期マスターアップに合わせて動くため、みなとそふとスタッフの疲労が半端無く、今年は「辻堂さんのバージンロード」も重なっているためかなりしんどそうで非常に心配。
A2では予約を受け付けるらしく、これはとてもありがたい。前回はダウンロード関連のトラブルに見舞われた人も多いと聞くし(幸い僕は難をことができた)。
「まじこい」シリーズ以外のDL販売化は、ゆっくり気長に機を見て行うようなので、当面はパッケージが中心という体制は変わらなそう。

「辻堂さんのバージンロード」について

シナリオ・原画作業は特に心配なく、収録も進んでいるようなので順調と見ていいだろう。
それにしても梓シナリオ600~700kbってさかき傘さんがんばりすぎィ! CGは70枚確約(差分なし・前作絵使い回しなしでカウント)。梓はさかき・みこし両氏の力で魅力的になったといえ、作品全体をとってもスタッフたちに感謝していると述べるタカヒロ氏。
そんなタカヒロ氏もやっぱり梓が可愛いと一押し。新ヒロインがいないため、既存ヒロインの掘り下げに集中できるから深く楽しめるという。
梓がドラマチックなのに対して、よい子はまったりしているみたいなので、そういう雰囲気の違いも面白さに繋がるといいな。お良さんとのHもあり。

かんなぎれい氏ラインについて

今までのかんなぎ作品からの進化を目標とし、「ゲームとファンタジーの融合」という基本ラインを受け継いでいく。このラインについてはタカヒロ氏は余計なことをせず見守る立場。進行速度はかんなぎれい氏次第ということで、しばらくは首を長くして待つしかなさそう。立ちキャラくらいは上がっているという。

田中ロミオ松竜両氏ラインについて

設定をしっかりさせておく必要がある作品なので、タカヒロさんとロミオさんで細部を話しながらやっているという。というかほんとタカヒロ氏、ただの田中ロミオファンと化しているw ロミオ氏のシナリオが真っ先に読めるとかあまりにも羨ましすぎる。

タカヒロ氏の今後の予定

漫画原作が秋にもう1本増え、来年以降のアニメが数本動いている、ということでかなり忙しいよう。

おわりに

まずは6月21日発売の「まじこいA2」、8月30日発売の「辻堂さんのバージンロード」を楽しみにしておこう。ブランドとしてやりたいことはたくさんあるだろうけど、貴重な人的資源はしっかり休みも挟んでゲーム開発に投入してほしいね。こちらとしてはいくらでも待てるから。
今号のBugBugには、他にも「まじこいA2」キャラのイラストロジックを解いて応募するプレゼントや、さかき傘さんのクリエイターインタビューもある。長くなったのでインタビューの方はまた別エントリにする予定。
Bug Bug (バグバグ) 2013年 07月号 [雑誌][アダルト]
Bug Bug (バグバグ) 2013年 07月号 [雑誌] [アダルト]
 BugBug 2013年07月号
真剣で私に恋しなさい!A-1ダウンロード販売

テスト