読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みなよん-みなとそふと4ever-

美少女ゲームメーカーみなとそふとのファンブログ。「まじこい」中心。

電撃G's magazine2009年9月号のまじこい関連情報

 そんなわけで。今日のカウントダウンボイスは店長だった。

店長「『真剣で私に恋しなさい!』、発売日まであと27日!
    予約せずに買えないなんてことになったら泣けるぜ。泣かないためにも予約だバッキャロー」

                                                                                                  • -

真剣で私に恋しなさい!!
http://www.minatosoft.com/majikoi/voice/27d_tencho.mp3

 今回は、7月30日発売の電撃G'sマガジン9月号のまじこい関連情報について書いていこう。

描き下ろし(2p)

 今月号の描き下ろしは、体操服に鉢巻きという運動会スタイルの百代、京、由紀江が走ってる絵だった。百代はまゆっちの体操服を脱がせにかかってるし、京は服の下がノーブラノーガード戦法だし、えらいことになってしまっている。

メインヒロイン紹介(2p)

 次にメインヒロイン達の詳細情報が改めて掲載されていた。特筆すべき新情報とかはなかったけど、各ヒロインの力、すばやさ、身の守り、かしこさ、魅力などのステータスが言葉で説明されていたのは良かったかな。今までメインヒロインの身長とかスリーサイズは注視してなかったけど、良く見たら京が一番背が低いんだねー

タカヒロインタビュー(2p)

 今月号はこのインタビューがメイン記事なので、細かく見ていく。

体験版を振り返って

 ところどころカットになってたけど、全部入れると膨大になりすぎるからしゃーないねっていう話。一部のシナリオをまとまりよく入れるよりは、場面が途切れても多くのキャラを出すことを優先したんだと自分は解釈した。これはキャラクターを中心に創作するタカヒロさんならではの手法だね。
 最後のケンカのシーンについては、スクリプト担当の人が青春の一つとして入れようと言い、タカヒロさんもそこが話題になればと思って入れてみたという。ケンカに至る過程がちょくちょく飛んでるので、あれだけ見てると「?」ってなるのは当然と言えば当然だ。そのへんは本編をやって「こういうことだったのか」と納得できればいいね。
 テキスト量的には体験版が約0.1MB、本編が約3.9MBだから約1/40になる、と改めて説明がされていた。各ヒロインルートは全員が「きみある」の
森羅シナリオを軽く超える量があると確定した。

シナリオについて

 このへんは箇条書きで済ませる。

  • 全体のテーマは友情。シナリオの上でキャラを動かすのはあまり苦労しなかったみたいだ。2-Sが濃い面子だから特に動かしやすかったらしい。
  • 各ヒロインルートに入ったあとも、他のヒロインとの関わりは当然続く。特にユーザー側が気にしている他ルート時の京についても、納得のいく反応になっているとのこと。
  • リュウゼツランのエピソードに元ネタはあるのかという質問があった。タカヒロさんが昔観たドラマでしし座流星群の話があり、それと同様に期間をおいてもまた必ず戻ってくる、絆的なものの象徴がリュウゼツランだということだった。
  • タカヒロさんは「らんま1/2」みたいな感じにしたいと以前から公言していたけど、思惑通りに破天荒なエンターテイメントができているという。その中で大和は政治力を活かして頭脳プレーでがんばる、ということを再確認した。
  • 一子ルートでは川神武術祭しっかり書かれるらしい。由紀江ルートでは揚羽主催の大会に出たりする。
キャラクターについて

 神代さんの雰囲気が百代そっくりだったという。確かにねー あと、麻呂役の鼠後輩さんはネタキャラにも全力投球でありがたかったという話があった。
 人気では、百代京のツートップに体験版で一子が追いあげてきた。でもタカヒロさん的にクリスはおいしいポジションらしい。

おまけ:メインヒロインルートのポイント

百代 年上のお姉さんを落とす、その過程の選択肢が核心部の分岐に影響する
一子 英雄はネタキャラに見えてけっこういいキャラ
京は閉鎖的なところを克服しなきゃいけない
由紀江 揚羽主催の大会には、大和、心、総理と4人一組で出場
クリス 固いところをもうちょい柔らかくしないと、という話

 表にするとこんな感じ。クリスは生活笑百科でも観て、仁鶴さんに物事を丸く収める方法を学べばいいと思うよ!

総括

 みなとそふとも全力で作っているので、ぜひ楽しんでほしいとのこと。こっちも全力で楽しむつもりでいよう。このエントリには書ききれなかったこともあるんで、インタビューの詳細読みたい人はG'sマガジンを買えばいいんじゃなーい。

テスト